DV離婚を防ぐために、DVオトコの見分け方について

夫から暴力・恋人からの暴力の被害が深刻です。
一般的には夫または恋人による暴力と言われています通り、暴力の加害者は男性、被害者は女性と思われがちですが、男性が被害者の場合は、誰にも相談することがありませんので、表面に出てきておりませんが、同じような比率で被害者になっております。
夫・又は恋人からの暴力には一方的な体への暴力を連想しがちですが、又マスコミによるとそれらばかりが報道されているようですが、それ以外に精神的な暴力・虐待、セックスを強要するなどの性的に虐待・お金を与えないなどの虐待や社会的に隔離をさせるなどの虐待も見受けられます。

 

af9980018950m

 
これらの加害者は、父親が母親に暴力Vをしているのを子供の時に見ていて、大人になって暴力の加害者になっています。
別れた後も、被害者に付きまといますので、事態をより深刻にさせています。
DV離婚を防ぐ為にもこれら加害者のタイプとはどんなタイプでしょうか、見分け方を知る必要があります。
一般的に仕事を持っていないぐうたら男を連想していましたが、必ずしもそうでは無く、大企業の管理者で高収入にも多く、真面目なタイプという事です。
それが結婚後豹変しますので、見分け方は中々大変です。
第一印象の直観を信じること・口うるさいタイプ・何かと干渉するタイプは敬遠した方が良さそうです。