自分のミスを他人に責任転嫁するタイプ

自分の失敗を絶対に認めず、相手に平気で罪を擦り付けてしまうタイプ。

 
このタイプは「自分が失敗、ミスをした」と認めることがどうしてもできないタイプと「今更後には引けない」と意固地になって自分を正当化し意見を押し付ける事が多いです。

 
稀に開き直って、「自分がミスした責任はお前にある」と全てを人のせいにして自分は無関係だという態度を気取る方もいらっしゃいますが、総じてこのタイプの方は責任感が強く真面目な性格であることがほとんどです。

 
責任感のある立場なら尚更で、ミスを認めることは自分の顔に泥を塗るのと一緒で今の自分の立場が危うくなることを恐れていたりそもそも人に認められる機会が少なかった等の理由から自分に「価値」を求めている場合があります。

 
なので他人に責任転嫁しなければ自分の立場を脅かされるのではないかと強い強迫観念を抱いている場合も少なくなく、何でも相談できて自分をどんなときでも認めてくれる相手を見つければ、我を通そうと無理矢理自分の意見を正当化する事が減ってくる傾向もあります。

 
ですが一概には言えず、その人が育った環境、例えば幼少期にまともな躾をされなかった等問題があれば、ワガママが通らず駄々をこねる子供と変わりありませんので見極めて適切な対処が必要です。